ランドマークエデュケーションは、サンフランシスコに本社をおく法人で、世界21カ国・58箇所のオフィスを通して、
個人・企業・地域社会・政府組織向けの教育プログラム・カリキュラムを提供しています。

ブレークスルーテクノロジーコース卒業生からの成果の報告

以下は、ブレークスルーテクノロジーコースに参加した卒業生の成果の報告です。

佐藤 麻弥子/歯学博士(口腔外科専攻)
【経歴】東京医科歯科大学昭和56年卒、同大学院博士課程修了
昭和56年〜平成5年、同大学付属病院第一口腔外科所属/現在都内にて、一般歯科開業

私は1988年の11月にブレークスルーテクノロジーコースに参加しました。 東京医科歯科大学の第一口腔外科に所属し、大学院でアパタイトという人工材料を人工骨として応用するための研究で博士号を取得して数年が立ち、病棟や外来で臨床業務をしている時でした。参加をし、その後何年にもわたって得ているものは、人生の大切なことの中に実にたくさんありました。ここで特に推薦したいのは、仕事の中で、患者さんとのかかわり方に大きな影響があった点です。
コースの後、自然と、目の前にいらっしゃる患者さん一人一人に合った言葉が口から出てくるようになりました。そして気がつくと優しさや気遣いの行動をしている自分でした。しかも、自分自身が人に疲れなくもなりました。これは大きな大きな収穫です。
私たち歯医者や医者は、大学教育の中でも、その後の研修期間を通しても、患者さんとどう関わるかを、正規に学び、訓練を系統立てて受ける、ということはありません。見よう見まねで身に付けてきただけ、というのが実情です。
誰も冷たい医療者になろうとする人はいません。しかし、優しさや気遣いを伝える、ということには、なんら有用な道筋をもっていないのです。一人一人の個性・精進にかかっているだけです。
私は、患者さんたちのためと自分自身のために、このコースを医療関係の方に受けていただき、より効果的で暖かい医療が提供されるようにと切望します。

松尾 有子/フリーライター

私はもともと、やりたいことを自由にやり、欲しいものは”大体”手に入れて生きてきたと思っていました。ところが参加後は、手に入れて初めて“これこそ本当に欲しかった”と思えるものがこんなにもあったんだということに驚いています。
その中でも一番の成果は、物心ついたころから確執が続いていた父との関係でした。「何でも自由に話し合える親子関係」が素晴らしいということは、頭では知っていました。でも「そんなでも私の“父”と“この私”の間では土台ムリな話だ」と完璧に諦めていたんです。私はコースの中で自分が勝手に決め付けている父と実際の父とはまったく違うことを発見しました。
コース終了後、私は生まれて初めて父と電話で1時間話しました、その時はいつごろからかあった垣根を全く感じずに、父の「男とはこういうもので・・・」などという男女論などにも「そうかもしれないね。」などとうなずきながら楽しく聞ける自分がいました。「大好きな父。」と素直に言える自分が今でも信じられないくらいです。

遠藤 由貴/精神科医

私がブレークスルーテクノロジーコースで得た成果の一つは、人を聞く力が飛躍的に伸び、患者さんの立場から聞く耳をもって診察できるようになったことです。患者さんを前にするときに心穏やかでいられ、相手の言葉の奥にある本当の不安や訴えが聞こえるようになりました。またどんな状態の患者さんであっても、そのプロセスにおいて完璧であると思えるようになりました。その上で患者さんの最高の状態、可能性を描いて関わると、今そのひとに必要な言葉や治療的アプローチのアイデアが自然と浮かぶので診療が効果的に進みます。研修医時代に出会ったランドマークエデュケーションの技術は今でも私の中で生き続けています。
医療とは人の健康である可能性を引き出すことである。ランドマークエデュケーションは、誰もが内に秘めているとてつもないパワーや壮大な可能性を引き出す、まさに画期的な技術を提供している。しかし本当に驚愕させられるのは、この素晴らしいテクノロジーが精神科医として、また1人の女性として一生私の中で生き続けるようにできていることである。

岡田 貞徳/ジャンボ旅客機 機長

機長の責任は重く、精神的にも肉体的にもきつい仕事です、然し、今までとは全く違うレベルで、楽しく、自由に、生き生きと空を飛んでいる自分を手に入れる事が出来ました。私の人生に大きな充実感とインパクトを与えてくれたプログラムです。

山本 克彦/シャープ株式会社 統括部長

私にとって良かった事は、職場にいて、いろんな出来事があっても、心が平安であることを手に入れたことです。プレッシャーがないわけではないのですが、それでも不安や恐れを抱えていることなく、仕事が出来るようになったということが、大きな成果です。
ブレークスルーテクノロジーコース【より詳しく知るために】
ランドマークエデュケーション 大阪センター
〒541-0047 大阪府大阪市中央区淡路町1-6-2 TNJ大阪ビル3階 TEL:06-6202-9711(代表) FAX:06-6202-0098
著作権© 2008ランドマークエデュケーション 無断複製・転載を禁じます。